卒業


泣く準備はOK??














今日はいつもより早く起きた。


集合時間はいつもより遅いってのに。


いつものように重いまぶたで靴下とシャツを取る。


下の階には昨日から用意してあった制服。


ここ最近ずっと制服を着て登校していた。


私服で登校していたのが懐かしいくらいだった。


おもむろに食卓においてあったコッペパンをほおばり


何もないのにメールをチェック。


来てたためしなんて無い。


そんないつもと変わらん朝。


いつもより早めに髪をセットし、制服を着た。


「コレをきるのも最後なのか・・・」と思いつつ。


いつもの時間に集合場所へ。


毎日登校したメンバーも2人はインフルエンザ。


残念でならない。友達と二人でいつもと変わらず登校。


教室。人生最後の3年2組の教室。


黒板には担任の「卒業おめでとう」の文字。


でも、教室は何も変わらない。実感もない。


いつの間にか教室の椅子は生徒で埋まっていた。


本当に何も変わらないいつもの光景。


ただ、違うのは皆が写真を取り合っていることだ。


俺も何枚か入れてもらった。思い出とか言う奴だ。


最後には全員で教室の後ろで写真撮影。


3年間で1番の笑顔を残したと思う。


そうこうしてる間に入場の時間。いよいよ始まる。


卒業式が


練習通りに席まで行き、練習通りに座る。


練習通りに皆が舞台に上がり証書を受けとる。


もう、すべてが予定通りに進んでいく。


そして、卒業宣言とやらへ・・・


各期ラスの代議員が集結する。


そして、3年間を振り返り先生にお礼の言葉。


途中で泣き出すやつも居たりして卒業式らしかった。


あっという間に最後の合唱。


みんな練習以上の声を出していた。


いよいよ最後だと皆気合が入っていたのだろう。


歌も滞りなく終わり退場へ・・・


ホントに早かった卒業式。これで最後だなんて・・・


最後はもう皆ごっちゃごちゃだった。


いたるところで写真撮影。


そして、何事もなかったかのように帰宅。


そう、何事もなかったんだ。明日も何事もない時が流れる。


でも、何事もないいつもの日常はもう無い。


いつもの仲間も、いつものグランドも、いつもの校舎も・・・


俺たちは卒業したんだ。


いつもの日常があったのは紛れもなくかけがえのない友がいたから。


この3年間それが当たり前だと思ってた。


これからも、続いていくのものだと思ってた。


でも、やっぱり、別れはやってきた。


それは仕方のないこと。どうすることも出来ない。


でも、永遠に合えないわけじゃない。


だから、ここで言おう。さよならなんて言わない。


ただ、ありったけの気持ちをこめて皆に言う。


ありがとう

  by hokutozerosiki | 2007-03-14 22:22

<< 目標は50番以内での合格。 アルバムの集合写真はすべて横向... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE